落ちないワセリンの洗い方|40℃のお湯洗濯でも残る湿り気をなくすには

アトピーで、ワセリンなどの保湿軟膏をたっぷり使う方は
どのように下着を洗濯しているのでしょうか?

洗濯して乾かしても、ワセリンの油分が残ったところだけ
湿った感じになっているの…イヤですよね?

あの、ひやっとしっとりした感じをなくす方法は
あるのでしょうか?

ワセリンの付いた衣類の洗濯方法を調べてみました

方法その1としては、ワセリンカット等のワセリン専用洗剤を
使って洗い落とすやり方

もう一つは、身の回りにあるもので洗い落とす方法です

私はワセリンカットの使用経験がないため、後者のやり方を
説明します

身の回りにある、洗面器やバケツを使います
できれば、バケツはフタ付きのタイプのほうが良いので
お持ちでない場合購入する方が良いです

どうしてかというと、浸す工程で冷めにくくなり効果が
上がることや、熱いお湯に、本人やお子様が誤って手を入れ
火傷することがないようにするためです

それでは、手洗いのスタートです

やっぱりか・・・なんて声が聞こえてきそうですね(笑)
アトピー肌の方は、お風呂のお湯の温度を、だいたい40℃前後に
して、入浴されていると思います

その残り湯を利用して洗濯される方が多いのですが・・・

その方法ね・・・40℃では落ちなかったよ・・・という声が
ポツポツ聞こえます
白色ワセリンの溶け出す温度は、38~60℃くらいです

なるほど!水では洗い落とせないわけです
そして、40℃ですと、繊維の奥に入ったワセリンには
まだまだ甘いので、洗い落とせないことが多いのです

では思い切って50℃…いえいえ、60~70℃のお湯をバケツに貯め
合成界面活性剤ゼロの洗濯洗剤や純石けんを多めに溶かします

ところで、お風呂や洗面化粧台の水洗金具では、60~65℃までしか
出ないように調整されています

給湯器本体からも65℃恒温出湯タイプが多く、水洗で水と
ミキシンングし、40℃前後に調整して使っているわけですね

小型電気温水器も、以前は85℃出湯タイプがありましたが
最近は、やけど防止のために本体内部では85℃で沸かしますが
出湯口では38℃ぐらいで出るように部品で調整されていたりします

ですので、湯沸しポットなどを利用して、高温のお湯を作らないと
いけないと思います
くれぐれも、火傷には注意してくださいね

その洗剤を溶かした、 60~70℃のお湯に、ワセリンが付着した
洗濯物を入れ、2時間を目安に浸します
いわゆる、つけ置き洗いという洗濯方法ですね

ワセリン汚れがひどいときは、伝家の宝刀「合成洗剤」の
出番となりますが、合成界面活性剤の入った洗剤は、本来
アトピー肌や敏感乾燥肌の方には使いたくない洗剤です

温度の低下を防ぐやり方として、大きい鍋でお湯を沸かし
電気コンロで温度保持して漬け込む(煮る?)という手があります

効果てきめんですが、高温のお湯での漬け込みは
繊維にとってもダメージがありますので、ほどほどに
漬け込み時間が済んだら、水を入れて、 45℃位まで
お湯の温度を下げましょう

ビニール手袋をはめ、洗濯物を絞るように洗います

ビニール手袋をはめるのは、やけど防止や、手の皮脂を
落とさないように、洗剤から守るためです

ここでもう一度、同じくらいの温度のお湯を入れ替え
洗濯物をすすいで絞ると、なお良いです

この後、洗濯機を使うので、洗濯機に油分がつかないよう
ここでしっかりと落としておきたましょう

ここから、洗濯機の出番です

40度位のきれいなぬるま湯を使ってすすぎ運転をします
脱水したら、天日干ししましょう

まとめますと・・・

■衣類に付いたワセリンの洗い方

1.洗いは、バケツに60~70℃の高温のお湯+洗濯洗剤
2. 45℃くらいのお湯で、すすいで絞る(中間のすすぎ)
3. 最終すすぎも、40℃くらいのお湯で洗濯機で洗う

ポイントは、洗いから濯ぎまで、全部、お湯を使うことです

また、ワセリンや軟膏は、いたずらに厚く塗っても
薄く塗っても、効果はさほど変わりません

むしろ、厚く塗ることによりワセリンアレルギーになる
可能性があるくらいです
ベタベタ塗布は控えて、薄く伸ばして塗るようにしましょう

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク